読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

め り こ む

おたくです

推しくんの現場に行ってきたはなし



つい先日、若手俳優さんの現場に行ってきました。舞台?っていう括りでいいのかな…あれは…。まあよくわかんないので色々ひっくるめて現場行ってきました!

入ったのはそのうちの1日、マチソワのみで2公演しか入らなかったのを今ものすごく後悔しています。推しくん自身よりもなんだか周りのオリキャラのモブが出張りそうな内容だったので、ぶっちゃけ推しくん達がメインじゃないならそんなに頑張って見に行く必要ってあるのかなーとか思っちゃって、予定よりも数を減らしてしまったのですが、見に行ってからはモブっぽいのが出張っててもなんであろうとも、推しくんの姿を見れるっていう大切な機会を逃しちゃいけないんだなって思いました。そういった意味ですごく勉強になりました。

現場を終えてから自分の住む地方に戻ってきて、その付近で千秋楽ライビュをやるということで、ライビュを見に行ってきましたがその時もすっごく虚しくて。画面の向こうの彼はすっごく遠いなって思ってしまって、なんだか泣きたくなりました。現場に行けば、お金さえ出せば、その場で直接自分の目で目の前で動く彼が見れるのに、その努力を怠ってしまった自分自身も馬鹿だなぁっても思いました。もちろんライビュは全景ではないので、推しくんが映らないこともあり、現場で見に行ってる時、メインで話してるわけじゃないけど脇でこんな可愛いこと、かっこいいことしてたのに!ってところを映してもらえず、見れないことにモヤモヤしてました。やっぱり固定カメラしたいので、現場に行きたいです。ただ固定カメラしてると推しくんが舞台に立ってる間、他の台詞が全くと言っていいほど頭に入らなくて、お前何しに見に行ってんだよ…とちょこっと思ってしまいました(笑)


ライビュで思った事はここまでにして、現場での感想を少し。初めて彼を見に行ったのは、パシフィコだったので2階席から遠いなぁでもかっこいいなぁって思いながら眺めてたあの時なので、その時とは格段に近い距離で見る事が出来て、舞台上に彼が出てきた瞬間少し戸惑いました。好きでたまらない男の子が、本当に実在してるんだなぁって。見上げた彼の顔はかっこいいとか可愛いとかよりもとにかく綺麗で美形すぎてびっくりしました。
舞台上で踊ったりしているのも演じているのもとにかくかっこよくて、大好きだなぁって思いました。ほんとに俳優界隈初心者すぎて、どうしても小並感しかない感想しか言えないのですが、ほんとにかっこよかったです。写真とか映像とかとは全然違う……生の彼は本当にかっこよくて、舞台俳優さんのおたくの方々が現場に行ってこそ!という方が多いのにすごく納得。

また、ストーリーもモブが出張りつつも、話としては個人的に感動もしたし面白かったなって思いました。推しくんの台詞のなかで、オーディションに落ちても縁がなかったんだって思って切り替えてまた頑張る、みたいな台詞があったのですが、俳優というお仕事をしている彼自身にも当然そういう経験はあるわけで、そういった時に彼本人はどんな風に思うんだろう…と思ってしまったりして考えさせられたり。あとそこらへんの時の微妙な表情の違いとか素敵でした。役どころ的に、あまり表情豊かなキャラクターではないので、そんななか少しの変化で感情を表現するのが上手だなぁって思いました。
所々日替わりネタで笑いや大喜利の混ざったシーンでは、役自身ではなく漏れ出てしまった笑いみたいなのが見れてなんだかよかったです。日替わり面白いです。

あとその後のライブパート?ではかっこいい完璧なダンスを披露してくれて。手足がスラッとしてて長いからダンス映えするし、良さが際立ってるなぁ〜って改めて思いました。ソロ2曲のうちの1曲は切ない感じの歌詞の歌だったのですが、スタンドマイクを使ったパフォーマンスやマイクを掴んで切なげに歌う表情、その表現力に圧倒されました。推しくん自身も歌が上手で、私は彼の歌が好きなのですが、いつかこんなふうに客席から彼自身の声で歌ってる姿が見たいなぁ。今回の舞台は、原作の原曲音源をそのまま流し、俳優さんがダンスパフォーマンスをする、というようなものなので…。いつか、いつかそんな彼の姿を見たいです。

あと余談なのですが今回行ったのは客降りのある舞台で、当たった席の片方が偶然通路席だったので無事推しくんとハイタッチをしてきました。うわっ手がおっきい!と感動していたら、せっかくの近くでお顔を見る機会も見す見すと逃し、後日Twitterを見たりして〇〇(推し)くん背が大きかった!とかいうツイートを発見しちゃったりして少し後悔中。やっぱり目の前にすると色々と吹っ飛びます。


色々と書きましたが、総じて楽しかったです。夢のような時間をありがとうございました。初めての舞台観劇、とっても素敵な思い出になり、これから一年近く推しくんは舞台に立つ姿を見れないのかなぁと思うと少し寂しくもあります。やっぱりもっと早く好きになって、舞台に出ていた時期に通いたかったです。

またすぐに、舞台ではないのですが現場があり推しくんには会えそうなのでそれを楽しみに残りわすがになった春休みを過ごしたいと思います。