読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

め り こ む

おたくです

推しくんの現場に行ってきたはなし



つい先日、若手俳優さんの現場に行ってきました。舞台?っていう括りでいいのかな…あれは…。まあよくわかんないので色々ひっくるめて現場行ってきました!

入ったのはそのうちの1日、マチソワのみで2公演しか入らなかったのを今ものすごく後悔しています。推しくん自身よりもなんだか周りのオリキャラのモブが出張りそうな内容だったので、ぶっちゃけ推しくん達がメインじゃないならそんなに頑張って見に行く必要ってあるのかなーとか思っちゃって、予定よりも数を減らしてしまったのですが、見に行ってからはモブっぽいのが出張っててもなんであろうとも、推しくんの姿を見れるっていう大切な機会を逃しちゃいけないんだなって思いました。そういった意味ですごく勉強になりました。

現場を終えてから自分の住む地方に戻ってきて、その付近で千秋楽ライビュをやるということで、ライビュを見に行ってきましたがその時もすっごく虚しくて。画面の向こうの彼はすっごく遠いなって思ってしまって、なんだか泣きたくなりました。現場に行けば、お金さえ出せば、その場で直接自分の目で目の前で動く彼が見れるのに、その努力を怠ってしまった自分自身も馬鹿だなぁっても思いました。もちろんライビュは全景ではないので、推しくんが映らないこともあり、現場で見に行ってる時、メインで話してるわけじゃないけど脇でこんな可愛いこと、かっこいいことしてたのに!ってところを映してもらえず、見れないことにモヤモヤしてました。やっぱり固定カメラしたいので、現場に行きたいです。ただ固定カメラしてると推しくんが舞台に立ってる間、他の台詞が全くと言っていいほど頭に入らなくて、お前何しに見に行ってんだよ…とちょこっと思ってしまいました(笑)


ライビュで思った事はここまでにして、現場での感想を少し。初めて彼を見に行ったのは、パシフィコだったので2階席から遠いなぁでもかっこいいなぁって思いながら眺めてたあの時なので、その時とは格段に近い距離で見る事が出来て、舞台上に彼が出てきた瞬間少し戸惑いました。好きでたまらない男の子が、本当に実在してるんだなぁって。見上げた彼の顔はかっこいいとか可愛いとかよりもとにかく綺麗で美形すぎてびっくりしました。
舞台上で踊ったりしているのも演じているのもとにかくかっこよくて、大好きだなぁって思いました。ほんとに俳優界隈初心者すぎて、どうしても小並感しかない感想しか言えないのですが、ほんとにかっこよかったです。写真とか映像とかとは全然違う……生の彼は本当にかっこよくて、舞台俳優さんのおたくの方々が現場に行ってこそ!という方が多いのにすごく納得。

また、ストーリーもモブが出張りつつも、話としては個人的に感動もしたし面白かったなって思いました。推しくんの台詞のなかで、オーディションに落ちても縁がなかったんだって思って切り替えてまた頑張る、みたいな台詞があったのですが、俳優というお仕事をしている彼自身にも当然そういう経験はあるわけで、そういった時に彼本人はどんな風に思うんだろう…と思ってしまったりして考えさせられたり。あとそこらへんの時の微妙な表情の違いとか素敵でした。役どころ的に、あまり表情豊かなキャラクターではないので、そんななか少しの変化で感情を表現するのが上手だなぁって思いました。
所々日替わりネタで笑いや大喜利の混ざったシーンでは、役自身ではなく漏れ出てしまった笑いみたいなのが見れてなんだかよかったです。日替わり面白いです。

あとその後のライブパート?ではかっこいい完璧なダンスを披露してくれて。手足がスラッとしてて長いからダンス映えするし、良さが際立ってるなぁ〜って改めて思いました。ソロ2曲のうちの1曲は切ない感じの歌詞の歌だったのですが、スタンドマイクを使ったパフォーマンスやマイクを掴んで切なげに歌う表情、その表現力に圧倒されました。推しくん自身も歌が上手で、私は彼の歌が好きなのですが、いつかこんなふうに客席から彼自身の声で歌ってる姿が見たいなぁ。今回の舞台は、原作の原曲音源をそのまま流し、俳優さんがダンスパフォーマンスをする、というようなものなので…。いつか、いつかそんな彼の姿を見たいです。

あと余談なのですが今回行ったのは客降りのある舞台で、当たった席の片方が偶然通路席だったので無事推しくんとハイタッチをしてきました。うわっ手がおっきい!と感動していたら、せっかくの近くでお顔を見る機会も見す見すと逃し、後日Twitterを見たりして〇〇(推し)くん背が大きかった!とかいうツイートを発見しちゃったりして少し後悔中。やっぱり目の前にすると色々と吹っ飛びます。


色々と書きましたが、総じて楽しかったです。夢のような時間をありがとうございました。初めての舞台観劇、とっても素敵な思い出になり、これから一年近く推しくんは舞台に立つ姿を見れないのかなぁと思うと少し寂しくもあります。やっぱりもっと早く好きになって、舞台に出ていた時期に通いたかったです。

またすぐに、舞台ではないのですが現場があり推しくんには会えそうなのでそれを楽しみに残りわすがになった春休みを過ごしたいと思います。

応援スタンス

応援スタンス


若手俳優さんを好きになって、ネットの海をさまよっている時に偶然発見した 若手俳優応援スタンス の記事。私も書きたいなぁって思って応援している声優さん、俳優さんについての応援スタンスを書きます。俳優さんの推しに関してはど新規すぎるのでふわっとした感じです笑

この記事を書くにあたって、同じく声優さんの応援スタンスを書かれていたこちらを参考にさせて頂きました。



♢ 基本情報

・成人済大学生
・地方住み ( 夜行バスで5〜6時間くらいの距離 )

♢ 推し

推しさんのファンの方が、何かの偶然でこちらの記事を読んで不快な思いをしてしまわれないようにも、推しさんの名前は伏せさせていただきます。

私の推しは声優さんです。とあるアニメを見て推しキャラを演じていた声優さんを、気づいたらそのままご本人を好きになっていました。あ、恋愛的な意味ではないです。

今までも推したい!応援したい!と思える声優さんは何人かいたのですが、様々な事情から中々この人が推しです!と言える人に出会えず。
そんな中出会ってしまった推しさんは、演技もビジュアルも私の好みで、何より応援したいと思えたきっかけは彼の誠実な人柄です。推しさんの性格の素晴らしさについて語りだしたら止まらない上に上手く文章にまとまらない気しかしないのでとりあえず割愛。本当に素敵な人です。

元々なんとなくイケメン声優と言われてることとかは知っていて、ちょこちょこ名前見るな~くらいには思っていた人だったのですが、ここまで好きになるなんて思ってませんでした。声優さんの中でも声が好きな人だったり、顔が好きな人だったり他にも何人かいたりもしますが、彼の性格の良さに惚れこんでしまっているのでやっぱり総合すると推しさんが一番だなって思ってしまいます。もっと色んな作品、キャラクター、曲で、違った彼を見たいなぁ……!


最近出来た俳優さんの推しのお話も少し…

きっかけはにじおたあるある2.5次元舞台。推しキャラではない役を演じていたのでまったくのノーマークだったのですが、DVDで推しくんの姿を見て気づいたら号泣してました。ほんとにかっこいい。とにかくお顔が好みです。喋り方は可愛いし、スタイルだって抜群だし、何より演技が好きです。彼の、役を演じてない時の姿とのギャップにとても驚かされて、それ以来彼の虜。喋っていると年相応に可愛くて、ちょっと馬鹿っぽい(失礼)ところも好きだったりします。あとたまーに真面目な感じでブログ書いてたりすると、同年代なのもあってわかるなぁって共感することも多くて、好きだなぁって改めて思い直してます。これから新規ファンとして応援していきたいです。




♢ 好きになる基準

好きになる基準は、うーん。性格かなぁ…。有名人(芸能人?)に対して性格を求めるのはなんだか違うのではと思う方もいるかと思います。ただその私たちに見せている姿の性格が、実際のものと異なってもよいと私は思っています。本当は性格が悪かったとしても、それを絶対に見せまいとし、言い方は悪いですが外面がよければ良いのです。それが絶対にバレないのであれば。それだけで私たちファンは幸せでいられる気がします。

声だけ、顔だけ、好きになれる人ならたくさんいますがやっぱり推し、となると性格を求めたくなります。素直に応援したいなぁって思える人がいいです。あと炎上が怖いので…。声優さんの炎上って既婚バレとかカノバレもありますが、性格のクズさがバレたりとか意外と多い気がします…そういうの推しさんには避けて欲しいのもあるかと思います。

めんどくさいおたくですね。


♢ 雑誌を買う基準

元々あまり雑誌を買う方ではなかったので、あまり買いません。推しさん自身、CDの宣伝等がないとあんまり雑誌出てないからなぁ…。ポスターとかついてれば軽率に買います。あと表紙だったり、ビジュが好みだったりしたら買いますね。


♢ 映像買う基準

映像…あんまり出してないですね。見に行ったものは家でゆっくり見返したいなぁって思うものだったら買う。過去のもので見に行けてないものは少しずつ買い集めてます。


♢ 現場に行く基準、遠征に行く基準

声優さんはイベントをあまり地方ではやらないので、いつも遠征です。夜行バスでびゅんっと東京まで行きます。お金ないので新幹線は使いません。交通費がチケ代よりも何よりも金かかってるのに推しに一銭も入らないのすごく悲しいので数パーセントでもいいので目的別に還元できるようにしてください!!(?)

現場に行く基準は、推しさんの個人でのイベントは行く、作品のイベントはよほど好きな作品でない限りはあまり行きません。他の声優さんの個人イベントでのゲスト出演は、その他に出る声優さんやその人数次第で行くか行かないか決めたり…。なるべく長い時間推しさんの姿が見たい、声を聞きたいので、人数の多いイベントは行くのをやめたりしてしまっています。

俳優さんに関しては、一公演は必ずはいるようにしています。なんだかんだ1回じゃ足りなくて、チケット増やしたりします。

まだまだ応援し始めたばかりなので、これからどんなスタンスで現場に行くのか決まっていくのかなぁって思います。


♢ グッズ、写真を買う基準

ブロマイドを基本的に買ってます。あとパンフは必ず買う。缶バッジ、バッグ、Tシャツ等の服は使う機会がないのであまり買わないです。トレブロもあんまり好きじゃないのですが、各1では揃えたいなぁって頑張ってます。推しが人気キャラを演じてたりするとしにます

♢ プレゼント、手紙について

プレゼントあげたことないです。おたく友達のプレ選びに付き合ったりしてると、プレゼントあげたいなって思ったりもするのですが自分のプレゼントセンスに自信がない。できないけど、もはや現金をあげたいなーなんて思ってみたり。唯一あげたいなと思った洋服も、推しさんが着てるのを特定してみたら高すぎて目ん玉飛び出たので洋服はあげられない、と思ってます…かなしい。

手紙は現場に行くたび必ず書くようにしてます。だいたい2~3枚に収まるように、そのイベントに近い彼の出ていた作品のお話や、ラジオの感想、CDの感想などを書いてます。夜行バスで早朝東京に着いてから、友人との待ち合わせ時間までの時間に書いてることが多いかな。手紙なんて、こういう機会でもない限り書かないからいつも緊張して書いてます。何度書いても慣れないなぁ。


♢ 同厨、同担について

基本的には同担拒否。基本的に、とつけたのは同担拒否になる前に仲良くなった同担さんとは、おたくという点を除いても普通のお友達のような関係になってしまっているので、完全な同担拒否ではないよなと思ったからです。

同担が嫌いで嫌いで仕方ない、というよりは自己防衛かな。同担拒否のきっかけはあるにはありますが、きっと今思い返すと彼女とただ性格的に考えが合わない、スタンスが合わなかっただけで、同担だからこそ余計にその嫌な点が目立ってしまったのではないかと思うので、お互い嫌な思いをしたくないなーという考えから同担とTwitterで繋がったりするのは避けてます。同担さんと仲良く出来てる人が純粋に羨ましいです…


まあ実際問題、現場に行く時はぼっちの方が物販とか楽だし誰にも気を使わなくていいので同担で仲良くできる人いなくてもいいのかも、とか思う今日このごろ。同じ熱量では語り合えないけど、一歩引いた点から話を聞いてくれる友人数人がいてくれるからいいかなって。

同担同士楽しそうに会話してる集団を見ると羨ましいなと思ったりもしますが、そんな時はTwitterを見てフォロワーさんとたわむれて寂しい気持ちを紛らわしてます(寂しい)


♢ 最後に

長かった!!!それぞれについて語り始めたら止まらなかった。こういうのって誰かと話す機会もないし、振り返れて楽しかったです。こうやって見るとほんとに私頑張れてないおたくだなぁ。推しのためにもっとお金使わなきゃって気持ちになります。お金が欲しい。バイトしなきゃなぁ。あと東京に住みたい。。。


今はとりあえず来月にある推し君の舞台と、推しさんのライブを楽しみに生きてます。はやく会いに行きたいです……


自己紹介


前回はぶろぐはじめましたの軽い挨拶程度だったので、ちゃんとした自己紹介も書こうかなぁと思います。


名前: ななみ

年齢:20↑ の地方住み大学生

性別:おんな


新学期の自己紹介で、私の名前は○○です。って自己紹介するのってなんだか恥ずかしいですよね。周りは自分の名前知らないんだから名乗るの当たり前なんだけど、自分はこの名前だって認識してる事実をみんなの前で発言するのが、何故だかよくわからないけど恥ずかしいって思ってたなぁ懐かしい。



という余談は置いておいて、ななみと申します。2次元おたく兼声優おたくやってます!


漫画やゲーム、アニメひろーく色々好きです。元々は美少女アニメから入った私のおたく生活、いつの間にか乙女ゲームや商業ほにゃほにゃ、2次元アイドルなどなど立派な女性向け作品のおたくになってました。乙女ゲームでイケメンと恋愛したり、2次元あいどる追っかけたり、毎日が楽しいです。おたくやめたいって言いつつ、おたくが楽しいジレンマな苛まれる日々……

好きな作品については書き始めたら恐ろしく長くなったので別にあげます。



ほかには、ダンデビきっかけでとある声優さん個人を応援し始め、地方の田舎からはるばる東京までイベントに行ったりもして少しずつ現場に行くおたくになりつつあったりなかったり……。にじおたやってる頃は、3次元の人を推すことも怖かったし、ファンの人も綺麗で可愛いお姉さま方が多いんだろうなぁと思いなんとなく敬遠してましたが飛び込んでみたら意外と楽しかったです、声優沼。イベント行くにあたって身なりに気をつけようとしたり、その点においても2次元だけに引きこもってたら出会えなかった考えだよなぁと思うので、少し人間として成長するきっかけにもなった気がします…(?)


また、昨年は今流行りの2.5次元界隈にも、絶対に足を踏み入れないぞ!という固い決意をいとも簡単に崩し、現場に行ってみたりしてました。推しができてしまいそうになり俳優さん応援したいなぁと考えはじめたり、私には2次元しか!とか思ってた頃が懐かしいくらいの変化を遂げてます(やばい)


3次元にきゃーきゃーするの、すっごく楽しいですね


まあそんなこんなで、2次元から3次元へと着実におたくとしての活動範囲を広げていたりしてます。段々とおたくをやめてリアルの充実を考えなくちゃいけないような年齢に近づいてはいるのですが、年齢が上がり自由に使えるお金が増え、学生という比較的自由に時間の使える期間というのもあり、おたく生活を未だかつてないくらいにエンジョイしてしまっている……やばいなぁ。


こんな感じで(?)自己紹介でした!

好きなものの話し始めるとときりがない…

ブログはじめました。


はじめまして。数年ぶりかのブログを始めてみようと思い立って、ブログを開設しました。

かつてブログをやっていたのは、高校時代仲の良かった友人がアメブロをやっていたのをきっかけに自分も始めてみようかと思い、やり始めてみたころだったと思います。高校時代なんて、特にブログに特筆するべきこともなく、所謂三日坊主で終わってしまったように記憶しています。

そんな私が久々にブログをやる気になったのは、ゲームの感想記事やイベントや舞台の感想記事などを私自身がよく見ることが多く、自分も書いてみたいなぁなんていう気まぐれな気持ちからです。今まではTwitter上に軽い感想を投げたりもしていたのですが、長い文章を書く機会も減ってしまった今、たまにはきちんも文章を書くのもいいんじゃないかな~などと思いまして……。そんなふわっとした気持ちで始めたブログなのでちゃんと続けられるか不安ですが、読んでいただける方がいたら嬉しいなぁ。


行ったイベントとか舞台の感想とか、やったゲームの話とか、その他趣味の話とかの話書いていけたらいいですね…!


もう既にこのひとつめの記事を書きながら、文章考えるの難しいな、日本語難しいな、と少し心が折れそうになっているのですがちょこちょこブログ更新できたらいいなと思います。

これからよろしくお願いします! (^-^)